人と地球に優しい環境政策のトップランナーを目指します

ガラス組成分析評価

ガラス組成分析評価

皆様ご存知の通りガラスは用途別に様々な種類が存在しています。
それぞれリサイクル原料に再生する場合、組成が異なるガラスの混在は工程での不良につながるため通常は禁止される場合が多いです。
ガラスの組成分析は品質維持に重要となりますので、弊社は日本板硝子テクノリサーチ(株)に業務委託して分析が可能となっています。
ご質問あれば、ご質問についてのフォームで送信お願い致します。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional