人と地球に優しい環境政策のトップランナーを目指します

合わせガラス端材処理装置

合わせガラス端材処理装置 FDS650タイプ

FDS650実写

特徴

  • FDS650タイプは合わせガラス破砕装置シリーズで大板の建築合わせガラス切断後の端材処理用に開発しました。
  • 650mm幅までの端材処理に最適であり厚みも5mmから18mmまで破砕可能です。
  • どこのガラス会社でも切断後の端材処理にお困りになっておられます。
  • 廃棄コストの低減につながります。
  • CO2削減にもつながります。
  • 建築用合わせガラスの端材を完全にガラスカレットとフィルムに分離します。
  • コンパクトな設計により切断機の隣に設置も可能です。
  • 普通の板ガラスも破砕できますし、遊戯台の前面ガラスにも可能です。
  • 複層ガラスにも使用可能ですので、お問い合わせフォームでご連絡お待ちします。

遊戯台前面ガラスの処理ビデオ(某社提供)

主な仕様

  1. 合わせガラスの破砕幅       100~650mm
  2. 合わせガラスの破砕厚さ      5~18mm
  3. 常用破砕送り速度         1200mm/min
  4. ロール隙間の調整範囲       -2~+18mm
  5. 主電動機             つばきギアモーターGMTA075-50L450ZW
                     0.75kw 4P AC200V 3 相 50/60Hz
  6. 主電源              AC200V 3相 及び AC100V 単相
  7. オプション            集塵機(集塵ダクト用新東工業製)
                     コンベア
                     膜シューター
                     膜受け皿
                     カレット受けタンク
                     破砕中間膜用水噴霧装置 ドニコ・インター

''''某社の事業展開を取りまとめています。
PPまとめ

a:3180 t:1 y:2 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional